読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学日記

駆け出しの大学生が思ったことを書いていきます。完全に自己満でやってます。

「安くてお得」に思うこと。

お金 批判まがいのこと つまずいたときに見返してみたい
うちの近くには安くて早い私鉄と、ゆっくりで妥当な値のJRの二本が通っている。普段は家からより近いJRの方を使っているのだが、今日は気まぐれで私鉄の方を利用してみた。思うことは、学生が多い。とりわけイライラするような高校生が多い。群れてガン飛ばしてくるタイプの高校生だ。私も子供なのだ。イライラしてしまうのだ。お酒を飲んでいたら思わず「死ね」と罵ッてしまうだろう。イライラしてしまうのだ。そんな高校生がこの私鉄には多い。
一方、私がいつも使っているJRだが、こちらは学生が少なく、また、さっきみたいな高校生も少ない。いたとしても群れてない。ガラが悪くても群れる傾向はない。そこが安心できるところである。
この二つに見られるような違いは食事処にも見られると思っている。
安くていっぱい食べられる賑やかなイタ飯屋、スイーツの店にはうるさい高校生が本当に多い。友達と話す時に叫ばなくてはならないのだ。そんな時、私はイライラしてしまうのだ。具体的にいうと、ラパウザ、シェーキーズ。特にシェーキーズである。いくら安いからといって、サービスも悪くないからといって、足を運んではいけない。客層が酷すぎるのだ。このような時、少し値段が高めの店を狙うのがポイントなのである。少し値段をあげれば客層もよくなり、友との会話も楽しめるというものだ。少なくともお金をドブに捨てるような使い方よりましである。

楽しみたいなら少し高めを常に選ぶ。そうすれば失敗は少ないのだ。