読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学日記

駆け出しの大学生が思ったことを書いていきます。完全に自己満でやってます。

自分をコンテンツ化する

この商業的な世界で自分固有の何かを持ちたいと考えたとき、自分をコンテンツ化することが必要だと思う。

 

「〇〇さんの意見が聞きたい」「〇〇さんはどう考えるのだろうか」

 

こんなことを思ったことは誰しもある。ではこう思われるにはどうすればいいのか。

 

第一に知名度があること。言わずもがなかもしれないが、知名度があればあるほど権威者として見られがちであるし、話を聞きたいと思う。

 

第二にその人特有のキャラクターを見出すこと。例えば、最近ブームが落ち着いてきたYouTube市場にHikakinという人がいる。ボイスパーカッションで活躍の場を発見して一躍一流YouTuberとして名を馳せたが、彼は得意のボイスパーカッションを中心とした活動をもはやしていない。商品のレビューや流行りを追っかけるだけの大勢の中の一人となってしまった。彼は一時代を築いたのは間違いない。しかし特徴がなくなってしまったために衰退の一途をたどり、いまは彼の見る影もない。

一方、人と違う路線を見出す人がいる。シバターがその一例だ。彼は最近のYouTuberのような編集技術を持ちながら、わざと視聴者や他YouTuberを挑発するという手法をとっている。これは炎上商法と呼ばれ、あまり珍しいことではない。しかし彼の発言は時に的を得ているために、視聴者の共感を呼ぶことも多々ある。つまり、「炎上」+「賢さ」の二つを組み合わせている。過激なことをして視聴者を集めて、見せる動画では知的な発言をして視聴者を逃さないような仕組みができている。

 

このように自分をコンテンツ化することが、自分を売り込むときに力となる。

 

では自分をどのようなコンテンツにしたいか。それを考えていきたい。